松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(焼却処理施設)]−[減温反応塔]

減温反応塔

減温反応塔 廃熱ボイラーから出てきた約230℃の排ガスに、霧状の水を吹き付けて、約180℃まで温度を下げてから集じん装置へ送ります。

 減温反応塔は直径3m、高さ14.5mあり、3ヶ所の減温用の水噴射ノズルから1時間あたり約300リットルの水が噴霧されています。

 出口付近で、消石灰と反応助剤、活性炭を吹き込み、排ガスの有害成分を吸着させ集じん装置へ送られます。

受入供給設備 ごみ計量機 プラットホーム ごみピット    
燃焼設備 ごみ焼却炉 押込送風機        
燃焼ガス冷却設備 廃熱ボイラ            
排ガス処理設備 減温反応塔 集じん装置 排ガス分析装置 煙突
余熱利用設備 蒸気タービン発電機 低圧蒸気復水器 高圧蒸気復水器   
その他 灰ピット ばいじん処理装置 中央制御室 排水処理設備
[戻る]  [ホームへ]