松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(リサイクルプラザ)]−[低速回転式破砕機]

低速回転式破砕機

低速回転式破砕機 切断物受入れホッパより運ばれてきた燃える粗大ごみは、相互に向かい合って回転する2本の櫛歯(くしば)状になっている回転式刃物で噛み込むように回転し、ごみを細かく砕きます。刃は上60枚、下60枚で計120枚あります。

 刃を回転させる動力は、低い回転で大きな力を必要とするために、特殊で強力な油圧装置で動いています。

 この回転式刃物の手前にロールフィーダーと言う装置があります。これは、粗大ごみを予備粉砕したり、大きなごみを回転刃に向けて押さえつけたり、ごみの供給量を調整する役割があります。

 ここで破砕されたごみは、長いコンベヤを乗り継いでプラットホーム反対側の焼却施設のごみピットに運ばれます。動画を観る

カッターピースカッターピース
 低速回転式破砕機の中で使われている刃です。
 クロム 0.9〜1.2%、モリブデン 0.15〜0.30%を含有し、耐食・耐熱・耐摩耗性に富んだクロムモリブデン鋼という合金で作られており、重さは1個約10kgあります。

受入れホッパ 切断物受入れホッパ 高速回転式破砕機 低速回転式破砕機 磁選機 風力選別機 粒度選別機 アルミ選別機 鉄・アルミプレス機 ごみピット ごみの流れ
選択してください
[ごみの流れ図へ]  [戻る]  [ホームへ]
受入れホッパ 切断物受入れホッパ 高速回転式破砕機 低速回転式破砕機 磁選機 風力選別機 粒度選別機 アルミ選別機 鉄・アルミプレス機 ごみピット 選択してください