松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(焼却処理施設)]−[蒸気タービン発電機]

蒸気タービン発電機

蒸気タービン・発電機 廃熱ボイラより供給された蒸気は、一旦「高圧蒸気溜め」とよばれる入れ物に入ります。ここで所内で使われる蒸気を各所に分配し、残りの蒸気がタービン発電機で利用されます。

 「タービン」は巨大な羽根車で、ここに1cm2あたり28kgの力を持つ約300度の蒸気を押し付けることによって、羽根車を回転させます。

 タービンは毎分7,029回転で回転しています。減速機を通して回転数を1,800回転まで落としてから発電機を回転させます。最大発電能力は2,900kWあり、発電機で作った電力で施設の必要電力をまかない、余った電力は電力会社へ売却しています。

受入供給設備 ごみ計量機 プラットホーム ごみピット    
燃焼設備 ごみ焼却炉 押込送風機        
燃焼ガス冷却設備 廃熱ボイラ            
排ガス処理設備 減温反応塔 集じん装置 排ガス分析装置 煙突
余熱利用設備 蒸気タービン発電機 低圧蒸気復水器 高圧蒸気復水器   
その他 灰ピット ばいじん処理装置 中央制御室 排水処理設備
[戻る]  [ホームへ]