松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(焼却処理施設)]−[ごみピット]

ごみピット

ごみピット・ごみクレーン 運ばれてきたごみはここに一時貯留されます。クレーンでごみを攪拌(かくはん)することによってごみの質を均一化し、炉内で安定した燃焼をできるようにします。また、ごみピット内の空気を焼却炉燃焼用の空気として用いることによって、ごみピット内は負圧に保たれ、ほこりや臭気を外部にもらさない仕組みになっています。

 写真の左側に見える3つの口がごみ投入ホッパで、ここからクレーンでごみを焼却炉に供給します。右下に見える3つの横長の穴がプラットホームの投入扉につながっています。
右側中央のガラス張りの所は、ごみクレーンを操作する操作室となっています。

 容積は約5,100m3あり、約7日分のごみを貯めることができます。動画を観る

受入供給設備 ごみ計量機 プラットホーム ごみピット    
燃焼設備 ごみ焼却炉 押込送風機        
燃焼ガス冷却設備 廃熱ボイラ            
排ガス処理設備 減温反応塔 集じん装置 排ガス分析装置 煙突
余熱利用設備 蒸気タービン発電機 低圧蒸気復水器 高圧蒸気復水器   
その他 灰ピット ばいじん処理装置 中央制御室 排水処理設備
[戻る]  [ホームへ]