松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(焼却処理施設)]−[ごみ焼却炉]

ごみ焼却炉

焼却炉後部 ごみピット内のホッパより投入されたごみは、ここで燃焼されます。1日24時間で最大80トンのごみを燃やすことができる炉が3基あります。

 炉内は階段状になっており、ストーカと呼ばれる火格子が前後方向に動くことによって、ごみをゆっくりと階段の下側に移動させていきます。ごみの燃える状況によって、火格子の動く速度や各所の空気量を調節してごみを完全燃焼させています。

 燃焼用の空気はごみピット内の空気を使うことにより、ごみピットの臭気の逸脱を防ぎます。

写真中央部のバーナーは、焼却炉を立ち上げるとき、立ち下げるときに、炉内を急激に加熱・冷却することを防ぐために利用します。また焼却炉の燃焼調整、操作はすべて中央制御室より行います。動画を観る

受入供給設備 ごみ計量機 プラットホーム ごみピット    
燃焼設備 ごみ焼却炉 押込送風機        
燃焼ガス冷却設備 廃熱ボイラ            
排ガス処理設備 減温反応塔 集じん装置 排ガス分析装置 煙突
余熱利用設備 蒸気タービン発電機 低圧蒸気復水器 高圧蒸気復水器   
その他 灰ピット ばいじん処理装置 中央制御室 排水処理設備
[戻る]  [ホームへ]