松任石川環境クリーンセンター
[ホーム][ごみの流れ(焼却処理施設)]−[廃熱ボイラ]

廃熱ボイラ

ボイラー最上階 ごみを燃やして発生する熱をボイラで回収し、蒸気を作ります。

 ボイラは焼却炉ごとに計3基あり、1基につき約300度の蒸気を1時間あたり、最大約14トン作ることができます。

 ここで作られた蒸気はタービン発電機によって発電に使われるほか、燃焼用空気の予熱や所内の給湯にも使用します。

 写真はボイラーの最上部です。ボイラー本体は高さ約12m、付属品も含めた幅は約13mあります。

受入供給設備 ごみ計量機 プラットホーム ごみピット    
燃焼設備 ごみ焼却炉 押込送風機        
燃焼ガス冷却設備 廃熱ボイラ            
排ガス処理設備 減温反応塔 集じん装置 排ガス分析装置 煙突
余熱利用設備 蒸気タービン発電機 低圧蒸気復水器 高圧蒸気復水器   
その他 灰ピット ばいじん処理装置 中央制御室 排水処理設備
[戻る]  [ホームへ]